レクサス苦戦


鳴り物いりで始まった日本での「レクサス」販売。
欧米諸国、特にアメリカでは、BMW,BENZなど並み居る欧州高級ブランド相手にダントツ人気にもかかわらず、日本では当初目標の半分程度で収まっているらしい。経営陣のコメントは勿論控えめだが、好調な国内業績と照らし合わせたギャップはやはり、特筆されても仕方あるまい。それだけ注目されてるという証でもあるわけだから。
→ LS460-L アピールビデオ(英語)
1ドル100円を切ってた10数年前、「貿易」という看板を掲げた業者達にはウハウハの時期があった。海外から同じものが安く買えて、価値観だけで利幅が大きく取れた。丁度その当時だ。「逆輸入車ブーム」というやつは。
同じ日本車なのに、ハンドル位置が違う。アイデンティティの固まりと言える自動車に他人とは違う価値観を求めて、全国の自動車フリークが"日本車の左ハンドル"に群がった。場合によっては、国内で買うより安いというオマケ付きで。当然ながら、アメ車・イタ車もこの時期にたくさん流入してるが、この時期と同じく、今が円高だったらどうなってただろう。レクサスの売れ行きも多少は違ってたのかも知れない。勿論、LS投入の時期が遅れてしまったという理由もあるけど。

俺はいつも思う。ランボやフェラーリが「右ハンドルだったら、日本で売れるんだろうか」「プラダやヴィトンがMade in Japan」だったら、あんなに高く売れるんだろうか。
幸いにして英国のトラフィックルールから始まった日本は、世界でも数少ない「右ハンドル左走行」のお国である。さらに「ハンドル位置がどっちでもいい」という、少ない中にもさらに少ない恵まれた環境にある。英国や豪州では考えられない事らしい。実際、俺も豪州旅行中に「右ハンドルのポルシェ」を初めて見たときは驚いた。

話を戻して。
トヨタは、当初よりホームページで「左ハンドルの販売はしない」と告知していた。
ちょっと待てよ。「レクサスってアメリカブランドよね。だったら、左のまま売ればいいじゃん」。俺は、率直にそう思った。前述にもあるように、"主張こそ価値観"。コストパフォーマンスとは費用対効果のこと。日本を普通に走ってる、同じかそれそっくりの車が、ただ単にレクサスブランドになっただけで高くなる。勿論、メーカーに言わせればそれだけじゃないんだろうけど。

俺にもし、自由に使える5000万円があって、右ハンドルのフェラーリ(実在)と左ハンドルのフェラーリどっちか選べと言われれば、間髪入れずに左を買う。
「左ハンドルのほうが高くても」。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

移転しています

こちらのブログは、以下の場所に移転しています。
キムチ美人本舗 店長ブログ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    kiyo (07/08)
  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    kiyo (07/08)
  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    匿名希望 (07/07)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/20)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    kiyo (03/18)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/18)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    kiyo (03/17)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/17)
  • Nolans 「I'm In The Mood For Dancing」ノーランズ ダンシング・シスター
    てりー (12/21)
  • ジョリーパスタ→ジョリーピアット
    kiyo (08/13)

recent trackback

links

profile

search this site.

others