バンビ「生キャラメル」食べてみた

 セブンイレブンでの買い物を全て「nanaco(ナナコ)」に切り替えて早3ヶ月が過ぎ、ポイントも500ポイントを超えました。100円で1ポイントという事は、単純に5万円以上は使ったという計算になりますね。自分で言うことでもないんですが、結構、「上得意」に部類に入るんじゃないでしょうか(笑)
 さて、そのセブンイレブン。いや、セブンイレブンに限らたことではないですが、コンビニ業界における「食品棚」と言えば、毎日何らかの新商品が並ぶという激戦のなかの激戦といわれる棚です。その食品棚で見つけた新商品。「生キャラメル」です。
 パッケージからして、最初は「キャラメル味のチーズ?なに?」と思って気にも留めなかったんですが、よく観ると「チーズ」の文字もなく、確かにキャラメルのようです。「キャラメルにしては、パッケージが豪華やな・・・」などと思いつつ上から下から見てると、確かにこれはキャラメルに間違いないらしい。
コーヒーに溶かしてキャラメル・マキアート風にするためのキャラメルも欲しかったので買ってみることに。 
 ところが!値段を見てびっくり。確か、630円ぐらいだったと思います。「え゛〜っ!」です。しつこいですが、これ、キャラメルです。「どんなんやねん」。
 で、上の写真がパッケージを開いて包みから出したものです。箱の中にはもう一つ袋があって、さらにその袋の中にこのキャラメルが入るという、いかにも高級品という丁寧?な包装。期待に胸を膨らませて食べた感想。
「ん?これ、キャラメル?」
 表面は薄いBlanc Chocolat(ホワイトチョコ)でコーティング。中にしっとりとした生キャラメルという構成ですが、1粒で二度美味しいキャラメルを連想してるとガックリ来るかも知れません。まず、そんなに甘くありません。そして、「生」というだけあって、かなり柔らかな食感。風味は・・・特に感じられません。つまり、端的に言えば非常に「上品なキャラメル」という事になるんでしょうか。
値段相応といえるかどうか、こればっかりは趣向ですので何ともいえませんが、セブンイレブン担当者が厳選したセレクションとして棚割りされた商品。いつまで並べられているかは未知数です。食べて見たいという方は、今すぐお近くのセブンイレブンにどうぞ。
 ↓「YAHOO!ショッピング」でも買えます。

謎のローソン部「カップ麺プロジェクト」

 ■前回の記事 
謎のローソン部「カップ麺プロジェクト」
 今年5月の開発発表より約半年。先月、10月末に発売されたローソン限定「チキンカレー(ヌードル)」。製作は日清食品です。
 僕も一応、開発に携わった(笑)1000名?のうちの1人として責任持って購入させて戴きました。それがこの「チキンカレー」です。ローソンいわく、担当セクション始まって以来の快挙だそうで、出荷分が3日で無くなってしまったそうです。限定品という事もあって、リスク回避のために生産量は少なめに抑えてたということもあるでしょうが、それでもアッと言う間に無くなってしまったというのは事実。顧客を巻き込んでのマーケティングが成功したという背景もあって、結果オーライ。よく売れたそうです。在庫は店頭に並んでる商品のみです。レギュラー商品としての展開も考えてるそうですが、それは是非、お願いしたいものですね。

 さて、肝心の商品レビューです。パッケージ自体はいたって普通ですが、一言で言うと「辛い!」。大の辛好きの僕でも音を上げそうになるほど辛いです。どうでしょう。一昔前までのカップ麺ではありえない辛さじゃないでしょうか。カップ麺全てを知るわけじゃないですが、現時点でトップクラスに辛いカップ麺には違いないと思いますよ。辛いものフリークには素直に嬉しい事じゃないでしょうか。開発には、「インド日清」のインドの方にも協力してもらったようで、その力の入れようが伺えますね。難を言えば、薄味の僕には少し塩分が強いかなという印象です。
 スープは濃厚ですし、チキンベースの深みもばっちり。好きな方はスープを残してご飯と食べても全然平気だと思います。
 再度書きますが、この商品は「ローソン」限定。現在、店頭に並んでいる商品が最後の在庫です。食べてみたいという方は、ローソンまで足を運んでみてください。

森永「ミルクキャラメル・ポップコーン」美味!

 いやぁ、正直「やられたっ!」って感じです。商品を食べた感想というより、食べて美味しかったなんて表現より"この商品"に対して、こういった"発想"に対して脱帽。よくぞ発売してくれました、「森永さん」。
 今回、セブンイレブンで見つけたのはタイトルの通り「キャラメル・ポップコーン」ですが、ディズニーランドや、ハンプティー・ダンプティーの店先で売られてるようなキャラメル・ポップコーンじゃありません。勿論、どちらのポップコーンも美味しいんですよ。ですがです、このポップコーン、しつこく言いますが「森永ミルクキャラメル」がたっぷりコーティングされてます。ポップコーンの場所によっては、キャラメルが余るぐらいついてるので文字通り「一粒で二度美味しい!」。おっと、それはグリコのキャラメルでしたっけ。
 最近コンビニではメーカー同士のコラボレーション企画というのが流行ってますが、こちらの商品は純粋に森永のお菓子。一時的な商材というよりも、是非定番アイテムとしてこれからも店頭に置いて欲しいと思いますね。
あくまで主観ですが、これはヒットです。

ハーゲンダッツ・ドルチェ! HaagenDazs Dolce

 いやぁ、テレビの宣伝で気にはなってたんですが、買ってみました。久しぶりのハーゲンダッツ。 今回は、やりました!ドルチェ・シリーズと名を打って登場、「ティラミス」となんと、「クレーム・ブリュレ」。
 個人的に、ティラミスはあまり好きではなく、また、目新しくもないのでパスして今回は「クレーム・ブリュレ」を購入。因みに「ブリュレ」とは「焦げた」という意味ですが、なんと、アイスクリームの上で砂糖が見事キャラメリゼの状態に。写真では判りづらいですが、これはいわゆる「キャラメル・シロップ」とは違うんです。多少のトロミがありますが、れっきとした「飴」です。スプーンを挿すと「カリッ」と飴が割れます。いったい、どうやって作ってるんでしょう・・・。参考までに、こちらは「遊膳」がお店で出している本物の「クレーム・ブリュレ」。表面には焼かれた砂糖がカリカリの状態で載ってます。
 余談なんですが、僕は「バニラ・アイス」については、やはり今は無きアメリカ「ボーデン社」が作ったバニラだと思ってます。日本上陸時、明治乳業と提携しながらも独自路線を探った為に大失敗。明治を激怒させて契約を解消され流通がストップ。一時期、店頭から商品が消えました。現在は日本のロッテのみがブランドを継承し、事実上、業界から撤退したあの「レディー・ボーデン」。その次にドイツの「ハーゲン・ダッツ」かな?という気がしてます。勿論、味は好みですが。
 確か、一つ300円ほどしたと思いますが、これは値打ちありますね。「買い」です。

 ■ハーゲンダッツ・ジャパン
 キャンペーン中、壁紙、スクリーンセーバーがダウンロードできます。 
 http://www.haagen-dazs.co.jp/






謎のローソン部「カップ麺プロジェクト」

 コンビニはいつもセブンイレブンに行くんですが、偶然トイレを借りたローソンでこんなものを見つけました。カレーのカップ麺です。カップのデザインは派手ですが、カレー好きには普通の辛さです。因みに、このカップ麺はローソンでしか販売されてませんが、このカップ麺の上蓋に案内がありました。

 現在、ローソンでは「1000名限定」の極秘プロジェクトメンバーを募集してるそうです。要は、ローソンが秋に向けた新商品の開発に、一般公募で集めたスキルの高いユーザーの手を借りたいというわけですが、前述のように1000名限定らしいです。こういうのを聞くとワクワクしてくる人居ませんか?僕も、その一人です(笑)
 プロジェクトメンバーになるには、専用サイトに携帯からアクセスして空メールを送ります。返送されたメールからログインして、必要事項を記入すればメンバー登録完了。担当さん曰く、結構頻繁にメールが届くらしいですが、それが面倒くさくなく、アンケートにもちゃんと答えるというガッツがあればメンバーになって欲しいそうです。見返りを期待せず、参加することに喜びを感じるという方。メンバー登録して商品づくりに参加してみませんか。参加要請はPCからは受け付けていません。携帯専用サイトから登録します。QRコードが読める携帯をお持ちの方は、コードからサイトに飛んでください。
手入力でのアクセスはこちら→http://nlaw.jp

数量限定「どでかカール!」

 「期間限定」とか「数量限定」とか最近、巷に溢れ過ぎです。やたらとオマケ付けたり、カルビーにいたってはこんなデカイの作ってランチマットまでオマケにして。こんな子供だましのような企画、よく考えつくもんですよ!どこのどいつがこんなのに乗せられて買うんですかね。顔を見てやりたいもんです。
 
 という事で、つられて買ってしまった数万分の1人です。以前は、コカコーラの限定の商品にもつられて買ってしまってました。弱いんですよね。こういうの。
 写真は上から、外観、中身、カールのデカさの説明ですが、コンビニの棚に置かれてる光景を見ると圧巻です。自分がひょっとして小人にでもなったかのような感覚に陥るほど巨大な袋。インパクトあり過ぎです。比較のために置いたマウスの大きさと比べてみて下さい。
 因みに1袋500円。数量限定だそうですが、もう殆ど、中に何が入ってようがお構いなしでレジに持って行きました。で、肝心の「カール」そのものも、3番目の写真の通り巨大化されてます。恐らく、子供の口には大きく一口では食べられないでしょう。今回、カルビーは間違いなく、大人の購買層を狙った「確信犯」ですね(笑)
 オマケは将来「なんでも鑑定団」に出すためにこのまま取っておきます(笑) 外袋は・・・枕にできそうですね。
しませんけど。

ハッピー「プッチンプリン」!

 はい、おなじみ「プッチンプリン」です。ビッグプッチンプリンではありません。「ハッピー・プッチンプリン」です。ほぼ常連化しているセブンイレブンで、まるで吸い寄せられるように足が向く、スイーツコーナー。今は、スイーツ禁止令が出ているため食べる事はありませんが、ブログネタとして買ってきました。
 製造するグリコのホームページ、通信販売サイトでは常に売り切れ状態。今日、タマタマ1週間限定という事で店頭に並んでました。一瞬我が目を疑う信じられない大きさ。内容量は、実に「400g!」。これを一人で食べると、さすがにカロリーオーバー。100gあたり142kカロリーなので、その4倍。なんと568kカロリーです。
 グリコのキャッチコピーによると、「パーティー用」ということ。これで納得。で、気になるのが底の「プッチン」する爪。どうなってるのかと裏返してみると、ありました。大きめの爪が。これはプッチンというより、「バコッ!」という感じですね。
 因みに、レギュラーサイズのプッチンプリンなら、口の上で開けて一気喰い出来ます(笑)




カンロ「甘酒飴」!?

 ワタクシ、普段から酒は殆ど呑みません。呑んでも、週末にチューハイを1缶プシュッとする程度です。勿論、これだけでは酔いもしませんし、「一応呑んだ」というだけで気分的にリラックスするためだけのものです。呑んで呑めなくは無いですが、次の日を考えるとシンドイというのが先に来て、お茶か紅茶を呑んでますね。タバコもやらないので、健康的にはいいと思うんですが、だけど、その分甘いのが・・・ねぇ(笑) 今日は、みかぼんさんに「スイーツ禁止令」なるものを出されてしまったし、ちょっとは本気で自粛してみようかと考えるところです。
 さて、写真の商品。セブンイレブンで"目に入ってしまった"ため、ついレジまで運んでしまったんですが、これ、いわゆる「コラボレート企画」というものから生まれた商品、つまり、異なる商品を製造するメーカー同士が互いのブランドを持ち寄り、一つの商品を作ってみようという企画です。一昔前では考えられなかったことですが、これが結構人気を博してて、この商品以外にも結構見る事があります。今までだと、仮に作るとしても畑が違うために、「なんとなく真似て」という発想が当たり前だったと思いますが、でも、それは所詮「真似」でしかないわけで本物とは別物。そこを思い切ってタッグを組んで双方にメリットをもたらすという。う〜ん、いい時代になったもんです。

 で、肝心の商品。どういったものかと言うと、袋の上に書いてある文字が読めますか。「月桂冠」です。袋の下部には「ソフトキャンディー」と書いてあります。つまりこれ、月桂冠が普段販売してる「甘酒」のカップのデザインそのままに、カンロが飴を作ったというわけです。勿論、飴には月桂冠が作った甘酒の成分が練り込まれてます。味はというと・・・「甘酒の飴」そのままでした。子供さんも口にしますから、アルコールくささや、アルコールそのものは勿論入ってませんが、こういう発想大好きですね。

月桂冠 http://www.gekkeikan.co.jp/
カンロ http://www.kanro.co.jp/

リリー・フランキー「おでんくん」

「道路が込んでたら。
恐らく先頭にいるのはワタクシです」。

全国5500万人のBoooo Shit!ファンの皆様こんにちは。
「今は安全運転」kiyoです。



便秘の腹を揺さぶりながらも週末だけは贅沢?にコンビニで食料を買い込み、飲めないビールをチビリチビリとやるのが楽しみだったりします。
最近は殆ど夜食らしい夜食もとりませんが、休み前だけはカロリーとたんぱく質を結構大量に補給してます。

さて、セブンイレブン通のワタクシ。
最近は「おでん」に目覚めてしまい、月に何度か買う事があります。
店では、レジカウンターに特設された居酒屋風なデコレーションに刺激?されるのか、店員のおねぇさんが湯気の向こうから「はい、何しましょ」ってな感じでくるもんですから、ついついこっちも「えっとねぇ」なんて、軽いセールストークにもノセられながら1品余計に買わされてたりします。勿論、「ソーセージ」は忘れません♪
あ、でも、大根が苦手ってのは割に本当だったりします。



で、部屋に帰って気が付いたのがフタの挿絵。
「ヘッタクソな絵、俺にも書けそう」って思ってたら「©リリー・フランキー」ですと。つまり、セブンイレブンの「おでんキャラクター」なわけで、彼はこの絵を描いて恐らく数百万円・・・という事なんでしょうか。それはいいとして、実際は、絵の質というよりも彼のステータスである事は確か。セブンイレブンは、おでんもいわゆる「ブランド化」し、他社との差別化を図るようです。さすがは、最大手。

で、ダイエットですか?
「進行中ですけど、なにか?」(リリー・フランキー風)

やわらかソースせんべい 100円版登場!



ソースせんべいファンにはとっても嬉しい、コンビニ100円菓子シリーズに「やわらかソースせんべい」が新登場。
袋を開けた瞬間、ソースとせんべいの香ばしい香りが抜群にデリシャスで、贅沢なせんべい。それが100円で登場。もう、喜ばずには居られません。

食感は、「やわらか」の字のごとく、カリカリ感はなし。そのぶん、ジュワッとくるようなソースの甘みと米の歯ごたえが、とにかく絶妙なお菓子です。

■過去記事
やわらかソースせんべい
製造はもちろん、岩塚製菓。
http://www.iwatsukaseika.co.jp/campaign.html



近くのセブンイレブンでどうぞ♪

| 1/3PAGES | >>

移転しています

こちらのブログは、以下の場所に移転しています。
キムチ美人本舗 店長ブログ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    kiyo (07/08)
  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    kiyo (07/08)
  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    匿名希望 (07/07)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/20)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    kiyo (03/18)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/18)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    kiyo (03/17)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/17)
  • Nolans 「I'm In The Mood For Dancing」ノーランズ ダンシング・シスター
    てりー (12/21)
  • ジョリーパスタ→ジョリーピアット
    kiyo (08/13)

recent trackback

links

profile

search this site.

others