Josh Groban - The Prayer (With Charlotte Church)

 今年の福山花火大会、いかれましたか?勿論、花火通な僕も行きました。去年から仕事場のすごく近くに会場が移動してくれたおかげでビューポジションもいい場所を確保できたし、ラッキーでした。ただ、尾道の花火に比べてどうしても見劣りするというか、何というか。事実、観客の歓声が・・・圧倒的に少ない。玉数は多いらしいんですが。
 さて、今日はスイッチが入ってるあいだにもう一曲行っときましょうか。福山花火大会のフィナーレで使われてた曲ですよ。PAの近くで見物出来た方はスピーカーから流れる曲に「うわぁ〜感じのいい曲♪」って思った方も多いと思います。ご紹介しときますね。
 タイトルは、1999年デヴィッド・フォスターの作品である「The Prayer(プレーヤー)」。オリジナルは、セリーヌ・ディオンの「These Are Special Times 」に入ったAndrea Bocelli(アンドレア・ボッツェリ)とのデュエットものです。このアルバムは、いわゆるクリスマスソングを集めたものですが、管理人kiyoが強烈にお奨めするアルバムですから是非チェックしてみてください。因みに、今回ご紹介するジョシュがどういうわけでこの曲を歌うようになったか、逸話はこちらをお読み下さい。彼はもともとオペラ歌手でも何でもありません!(ほんとびっくり)
 さて、賢明な方はお気づきでしょう。プレーヤーは「Player」ではなく、「Prayer」。スペルが微妙ですが、この場合は「祈りをささげる人」という意味ですね。今回の花火業者が北京オリンピック開催中にかけて選曲されたのかどうか定かではありませんが、2002年ソルトレイクシティ・オリンピックのフィナーレでジョシュとシャルロットが唄って有名になりました。そう、唄ってるのは、Josh Groban(ジョシュ・グローバン)と、Charlotte Church(シャルロット・チャーチ)。こちらもデュエットです。ビデオもありますんで観てくださいね。
 それはそうと、なんですか。シャルロットの変わり様は!?「えっ?別人?」って思ってしまいました。ジョシュの美声も特筆ものなんですが、今回はシャルロットの変貌振りにびっくりしてしまいました。タバコのせいでしょうか、ビデオで聴ける歌声はハスキー。画像を探してると、本人と疑いたくなるようなスキャンダルな写真も。幼少の頃、クラッシック界から熱い視線を注がれてデビューした頃の面影は微塵もありません(言い過ぎ?)。ただ、これは無理も無いのかもしれません。右も左もわからない小さい頃に将来を決められてしまい、他の同世代の子供達が遊んでる時期に、レッスンに次ぐレッスン。そして、世界中から期待を掛けられストレスが溜まり。そして激太りにお約束のスキャンダル。今は、これ以上にならないように願うばかりです。
 さあ、目を閉じてじっくり聴いてみてください。ビデオもいいですが、この曲はCDかiTunesストアで是非、買ってフルコーラスをいい音で聴いてみてください。
鳥肌が立つほど素晴らしい曲ですよ。



ジョシュ・グローバン
ジョシュ・グローバン
エンチャントメント
エンチャントメント
These Are Special Times
These Are Special Times

Josh Groban (With Charlotte Church) - Josh Groban - The Prayer
The Prayer
I pray you'll be our eyes
And watch us where we go
And help us to be wise
In times when we don't know

Let this be our prayer
As we go our way
Lead us to a place
Guide us with your Grace
To a place where we'll be safe
La luce che to dai

I pray we'll find your light
Nel cuore resterò
And hold it in our hearts
A ricordarchi che
When stars go out each night
L'eterna stella sei
Nella mia preghiera
Let this be our prayer
Quanta fede c'è
When shadows fill our day
Lead us to a place
Guide us with your grace

Give us faith so we'll be safe.
Sognamo un mondo senza più violenza

Un mondo di giustizia e di speranza
Ognuno dia la mano al suo vicino
Simbolo di pace e di fraternità

La forza che ci dai
We ask that life be kind
E'il desiderio che
And watch us from above
Ognuno trovi amore
We hope each soul will find
Intorno e dentro a sé
Another soul to love

Let this be our prayer
Let this be our prayer
Just like every child
Just like every child

Needs to find a place,
Guide us with your grace
Give us faith so we'll be safe
E la fede che
Hai acceso in noi
Sento che ci salverà

吉本新喜劇テーマ「Somebody Stole My Gal」

 怒涛の忙しさもひと段落し、気づけば盆も終わり、「えっ!」って感じで夏が過ぎようとしています。いいやいや「あっ?」という表現が正しいのかも。
 随分ひさしぶりの更新ですが、こうなったら「気が向いたときにでも見てやるか」そんな感じで暖かく見守ってくれたら嬉しいです(^_^;)
 で、今日用意したのはこの曲です。サンプルはiTunesStoreで聞いてもらうか、下のYouTubeから想像してみてください。「あ〜、この曲♪(笑)」自然と笑顔になれますね。作った人と、演奏してる本人は、まさかこんな使われ方してるとも、日本の地でこんなに有名な曲になってるとは想像もしてなかったでしょうけど(笑) そうです。「吉本新喜劇のテーマ」です。
 曲は「Somebody Stole My Gal」。要するに「女を誰かに取られちまった」みたいなタイトルなわけですが、トランペットとトロンボーンともにカップミュートをかぶせた演奏が特徴的な、れっきとしたデキシーランドジャズで、実は歌詞もあります。作詞作曲は1918年。Leo Woodで、僕らが知ってるこの演奏は、トロンボーンプレーヤーであるPee Wee Hunt氏によるものです。
 原題は「Somebody Stole My Gal 〜Brightly〜」ブライトリー。つまり、自分の彼女を誰かに取られてしまったものの、明るく笑い飛ばして騒いではじけようという意味があるようです。こんなふうに曲を紐解いていくと、意外な真実があったりするもんですが、この曲を新喜劇のオープニングに採用しようと考えた担当者はなかなかのセンスですね。
 年代からして、スウィングジャズの代名詞グレンミラーと思いっきりかぶるんですね。音楽的には、素晴らしい年代だったんだろうと思います。勿論、悲しい時代背景はありますが。
 夏も中盤過ぎました。何かいいことあった人も、そうじゃなかった人も、この曲を聴いて新喜劇式に笑い飛ばして乗り切りましょう〜!
 
Jazz & Blues on Edison, Vol. 2
Jazz & Blues on Edison,
Vol. 2

Pee Wee Hunt And His Orchestra - Look Sharp: Straight from Dixie - Somebody Stole My Gal
Somebody stole my gal
 〜Brightly〜

Somebody stole my gal,somebody stole my pal,
Somebody came and took her away,
She didn't even say that she was leaving,
The kisses I love so, the kisses now I know,
Oh, gee, I know that she, If she should see poor,
broken hearted me...
I'm just a lonesome pal, somebody stole my gal.

Somebody stole my gal, somebody stole my pal,
Somebody came and took her away,
She didn't even say that she was leaving,
The kisses I love so, the kisses now I know,
Oh, gee, I know that she, If she should see poor,
broken hearted me... I'm just a lonesome pal,
somebody stole my gal,Somebody stole my gal.


おのみち住吉花火大会

 4月までにイチゴデザインを変更すると言っておきながら、ダラダラと時間が過ぎて今は7月の後半。来週は8月に突入ですね。いやぁ、早いったらありゃしない。
 お決まりのトップの写真なんですが、何にしようかと迷った末にこれにしました。お好み焼きはここでも何度か記事にしてますが、使えそうな写真はこれだけでした。でも、よく見るとピンが甘いですね。凝視すると目が疲れそうなんで、あまりジッと見ないほうがいいかも知れません(笑)
 サイドバーのアイコンは自分で作ったんですが、なんか美味しくなさそうですよね(汗)
 さて、明日はいよいよ「おのみち住吉花火大会」です。夏オトコですから、とっても行きたいんですが、今年は仕事が夕方まであるので、渋滞のことを考えると憂鬱です。電車もおしくら饅頭でしょうし。。。。ぶつぶつ。
 YouTubeの動画は一昨年撮ったものです。尾道の花火は広島県内でも結構有名なんですよ。ただ、どこの会場もそうかも知れませんが、交通の便。尾道は「いい」とは言えません。行ける方は早く行って場所を確保することをおすすめします。

■公式サイト おのみち住吉花火まつり


■尾道関連記事
日帰り温泉「つかりゃんせ」尾道市平原
尾道向島ビデオ(全部携帯もの)
尾道祇園祭〜「日の出湯」編
ついでに、福山もご紹介(笑)
福山へいらっさい♪

Aloha!

 今日は、ほぼ全国的に晴天。晴天なのは結構ですが、ハッキリ言ってイキナリの「酷暑」だったんじゃないでしょうか。熱中症で倒れたり、水の事故も多かったようですね。
 ここ、福山地方でも今日は非常に珍しい「青空」。そう、瀬戸内の空は一年を通して霞むことが多く、こんなにカラリと晴れ渡る日というのは非常に珍しいんです。夏がオン・シーズンな僕にとっては嬉しい限り。青い空を見ると心がウキウキしてきます。
Back to KOHALA
Back to KOHALA
Kohala - Back to Kohala

 さあ、こんな青い空と言えばハワイです。ハワイと来れば、このビデオ。2年前に何のけなしに作ってYouTubeにアップしてからというもの、今日現在で53,000回の再生。海外の方からもコメントいただいてます。ハワイの空とKOHALAのやさしいギターがマッチして癒されるビデオになってますんで初めてという方、是非、一度じっくりと聴いてみてくださいね。きっと、ハワイとKOHALAの音楽が気に入ってもらえると思います。
 曲はKOHALAの「For Ever Mine」。左のリンクはAmazonです。
iTunes StoreKohala - Back to Kohalaでは高音質での試聴もできますよ。

写真: Aloha Street.com
音楽: KOHALA(YouTube) Palm Records


ラッツ&スター 涙のスウィート・チェリー

BACK TO THE BASIC
BACK TO THE BASIC
RATS&STAR,シャネルズ
 昨日、ニューヨーク在住は「グリマー・ツインズ」のHisae&Yukiさんから音楽記事を書け!というリクエストを戴きました(笑)
 ブログ自体半分死にカケの状態だったので、音楽記事と言ってもどのアーティストにしようかというアイデアさえ浮かばず、とりあえずiTunesでも立ち上げてから考えようかと開いた直後、目に止まりましたよ。「ラッツ&スター」。平成世代の方々には今ひとつなじみがないかもしれません。ある事件を起こして改名する前のバンド名は「シャネルズ」。そう、鈴木雅之さん、トランペットの桑マンさん、そして「ミニにタコ」の名台詞を残して芸能界を去った田代まさしさん。その他総勢7名からなる、日本で初めてドゥーワップを広めた歴史的なバンドです。
 ドゥーワップとは、いわゆる黒人霊歌から波及した教会音楽ですが、シャネルズ大ブレークのきっかけとなった1980年のヒット曲「ランナウェイ」という曲では、ベースの佐藤さんが唄った「ボン、ボン、ボンボ、ボーン、ボボボボボボ」。これがあまりに強烈で、シャネルズの代名詞ともなった有名なフレーズ。そして、今ではすっかりコメディアンとしての肩書きが定着してしまった感があるトランペッター桑マンの堂々たるフォルテシモ。勿論、リードボーカルである鈴木さんの歌唱力は忘れてはなりません。
 シャネルズ(ラッツ&スター)のことを書き出せば記事も長くなるばかりですが、興味がある方は是非、Wikiを読んでいただくとして、曲の紹介をしましょう。今回、ご用意したのは彼らがシャネルズ時代に残した曲。デビュー翌年の1981年発表の「涙のスウィート・チェリー」です。スウィート・チェリーというタイトルの通り、甘く切ない10代の恋物語をアップテンポの6ビートで見事に表現してますね。鈴木さんのハスキーな色っぽいボーカルに佐藤さんのボンボンという見事なリズム。そして、1コーラス半終わった後にファンファーレのごとく鳴り響く桑マンのトランペット。これには皆が鳥肌を立てたものです。
写真は、Amazonへのリンクで、彼らのベスト盤です。ヒットした曲の多くが入ってますから是非チェックしてみてくださいね。
さあ、この曲を聴きながら今夜だけはあの日に帰ってみませんか。


___
Uploaded by kiyochan-pe

| 1/171PAGES | >>

移転しています

こちらのブログは、以下の場所に移転しています。
キムチ美人本舗 店長ブログ

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< June 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    kiyo (07/08)
  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    kiyo (07/08)
  • JAF(日本自動車連盟)交通安全委員会
    匿名希望 (07/07)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/20)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    kiyo (03/18)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/18)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    kiyo (03/17)
  • iTunes Music Store「iMix」」って何だ!?
    tomomi (03/17)
  • Nolans 「I'm In The Mood For Dancing」ノーランズ ダンシング・シスター
    てりー (12/21)
  • ジョリーパスタ→ジョリーピアット
    kiyo (08/13)

recent trackback

links

profile

search this site.

others